FreeDNS(freedns.afraid.org)

FreeDNS(freedns.afraid.org)についてまとめています。


公式サイト

FreeDNS

Free DNS provides easy shared DNS hosting & URL forwarding

特徴・難点

About Us | FreeDNS

2001 年に Joshua Anderson が独自ドメインの共有を目的にはじめています。

  • 豊富なドメインからサブドメインを付加し、使用する事ができます。
    2020年現在、公開されているドメインは 56000 です。
  • 所有しているドメインを FreeDNS で管理し、他の人にサブドメインを提供できます。
    公開ドメインは個人が所有しているドメインです。
  • ネームサーバのレコード、Web 転送、ダイナミック DNS に対応しています。
    基本的なドメインで使用できる機能は有しています。
  • 無料で 5 サブドメイン(独自ドメインは別途)が使用可能です。
    プレミアム(有償)になると、数を増やす事ができます。

難点は次となります。

  • 個人が所有しているドメイン名のため、急に使えなくなる恐れがあります。
    その多くはドメインを延長せず、期限切れになる事です。
  • 無料で使用できるため、悪用される恐れがあり、
    該当のドメイン名が検索エンジンや SNS で悪影響を受ける恐れがあります。
  • Public Suffix List 非登録となるため、制限を受けます。
    特にサブドメイン使用数が多いドメインでは
    Let’s Encrypt のレート制限に達している場合があります。

サブドメインを使用する

サブドメインの登録手順は次のとおりです。

  1. 左上のメニュー Registry で提供されているドメインを表示します。
  2. 使いたいドメインを選択します。
  3. ログインしていない場合はログイン画面になります。またはアカウントを登録します。
    UserID は独自ドメインを共有する時に公開されます。
  4. ネームサーバのレコード設定になります。認証コードと共に設定します。

これでサブドメインの登録完了です。間もなく使えるようになります。

まともにサブドメインを使用する場合、次にご注意下さい。

  • Web での公開を前提にしている場合、検索エンジンで表示できる事を確認します。
    Google では site:ドメイン名 で検索します。
  • 無料アカウントでは 5 レコードまでなので、
    設定するレコード数が少ないサービスの利用が理想的です。
  • メールでの使用は推奨しません。悪用で拒否されている可能性が高くなります。

サブドメインの設定変更

左上のメニュー Subdomains よりレコード設定を変更できます。
無料プランでは TTL が 1 時間(3600)に設定されているため、
ネームサーバのレコード反映は時間を要します。

ダイナミック DNS

左上のメニュー Dynamic DNS より使用できるクライアントや説明があります。
IP アドレスを変更する API はシンプルで、容易に導入できます。
クライアントを使用する場合も豊富な選択肢があります。


独自ドメインを追加する

無料アカウントの場合、通常はサブドメインを共通する前提のドメインとなります。
ドメイン所有者自身は使用されているサブドメイン以外は、
レコードを自由に設定する事ができます。

  1. 左上のメニュー Domains を選択します。
  2. ログインしていない場合はここでログイン画面になります。
  3. Add A Domain into FreeDNS を選択します。
    代わりに Domain Registrar Service からドメイン登録も可能です。\
  4. 追加するドメインを入力します。
    「Shared State:」は次のとおりです。
    • Shared: Public 他の人が自由にサブドメインを追加できます。
    • Shared: Private サブドメイン追加時にドメイン所有者が確認できます。
    • Non-Shared: Stealth サブドメインを共有しません。
      通常プレミアムアカウントが選択できます。
  5. ドメインを管理しているサイトへ入り、ネームサーバを設定します。
ネームサーバ
NS1.AFRAID.ORG
NS2.AFRAID.ORG
NS3.AFRAID.ORG
NS4.AFRAID.ORG

これでドメインの登録完了です。間もなく使えるようになります。


サービス別情報

FreeDNS のドメイン・サブドメインを使用する場合、
サービスによっては使用できなかったり、SSL 化で問題が発生する場合があります。

Caddy

🎈 Caddy | ふうせん🎈 Fu-sen.

通常は Let’s Encrypt で SSL 化しようとします。
Caddyfileドメイン名:80 tls を設定しない、
(Caddy v1 では tls off)で http のみにします。

Caddy v2 では Let’s Encrypt で でレート制限がある場合に
🎈 ステージング環境 での発行を試みます。
そのため、FreeDNS で利用数が多いドメインでも
Let’s Encrypt がレート制限で発行できない可能性は低くなっています。

Caddy v2 では後に ZeroSSL の自動発行が容易に可能と思われます。
(Zero SSL による ACME API が公開された場合。2020年5月現在公開されていません)
ZeroSSL は Let’s Encrypt と異なり、ドメイン毎の制限がないため、
Let’s Encrypt レート制限を回避する手段として
ZeroSSL を使用する方法がより実用的となります。

🎈 ZeroSSL | ふうせん🎈 Fu-sen.

Cloudflare

🎈 Cloudflare | ふうせん🎈 Fu-sen.

無料プランでは、サブドメインによるサイト追加ができません。
(Public Suffix List の範囲でドメイン名を確認しています)
独自ドメインもネームサーバレベルで設定する必要があります。
結果として、無料プランではサイトを追加して使用する事はできません。

Fly

🎈 Fly | ふうせん🎈 Fu-sen.

SSL に Let’s Encrypt を使用するので、発行に失敗する可能性があります。
最新の Web ブラウザでは SSL で表示しようとするため、
通常は使用をおすすめしません。

GitHub Pages

🎈 GitHub Pages | ふうせん🎈 Fu-sen.

サブドメインの場合は CNAME レコードで設定して下さい。
CNAME レコードだと 1 レコードで設定できます。
A レコードは 4 レコード使用してしまいます。

SSL は Let’s Encrypt を使用するので、 Enforce HTTPS は無効のまま
http: で参照するようにして下さい。

OVH SSL Gateway

🎈 OVH SSL Gateway | ふうせん🎈 Fu-sen.

Let’s Encrypt を使用するので、発行に失敗する可能性があるため、おすすめしません。

Surge

🎈 Surge | ふうせん🎈 Fu-sen.

独自ドメイン扱いで問題なく使用できます。
有料アカウントで SSL を適用する場合、
有償の SSL 証明書になるため、問題は発生しません。

Vercel

🎈 Vercel(vercel.com・now.sh)| ふうせん🎈 Fu-sen.

通常 Let’s Encrypt を使用して SSL 化しようとしますので、おすすめしません。

さくらのレンタルサーバ

🎈 さくらのレンタルサーバ・さくらのメールサーバ | ふうせん🎈 Fu-sen.

問題なく追加して運用できます。

SSL は Let’s Encrypt を使用すると発行に失敗する可能性があります。
有償の証明書はドメイン認証タイプの証明書で使用可能です。
また ZeroSSL を発行して手動更新も可能です。2~3 ヶ月おきに更新する必要があります。

🎈 ZeroSSL | ふうせん🎈 Fu-sen.


プレミアム

Membership Pricing | FreeDNS

有償利用により、サブドメイン数などを増やす事ができます。
最低月 $5・年 $60 で、年払いでも割引はありません。
PayPal ですぐに支払いが可能です。FreeDNS の運営費として活用されます。

いくつか選択肢がありますが、無料と最安価格の場合で以下に記載します。

  • Subdomain cap サブドメインのレコード数
    • 無料: 5 レコード
    • 年 $60: 50 レコード
  • Stealth Flags サブドメインを共有しない独自ドメインの登録
    • 無料: 不可能(例外あり)
    • 年 #60: 3 ドメイン
  • Global Propagation times (TTLs, in seconds) TTL キャッシュ時間
    • 無料: 1 時間(3600)
    • 年 #60: 60 秒(60)
  • Captchas Removed レコード設定時の認証画面を外す
    • 無料: なし(常に表示)
    • 年 #60: あり(非表示)
  • Wildcard support サブドメインのワイルドカード指定
    • 無料: なし
    • 年 #60: 無制限で使用可能
  • Professional Nameserver Branding 独自ドメインによるネームサーバ提供
    • 無料: なし
    • 年 #60: なし(年 $300 より提供)

Q&A

どの位利用されているのですか?

2020年5月現在、次の利用です。

  • アカウント数: 340 万
    • そのうちプレミアムアカウント: 4000
  • ネームサーバのレコード数: 1000 万
  • ゾーン数: 110 万

最新の状況は画面右に表示されています。

無料で SSL は使用できないのですか?

特にサブドメイン使用数が多いドメインは
Let’s Encrypt だとレート制限により発行されない恐れがあります。

🎈 Let’s Encrypt | ふうせん🎈 Fu-sen.

2020年5月より発行されている ZeroSSL はドメイン別のレート制限がないため、
この問題を回避して SSL 化できます。

🎈 ZeroSSL | ふうせん🎈 Fu-sen.

独自ドメインを登録したところ Stealth 扱いになりました。

一部のドメイン名では共有を認めていません。
この場合無料アカウントでも Stealth となります。
サブドメインの提供は行われませんが、ネームサーバのレコードは自由に使用できます。