Google Chrome OS の派生元 Chromium OS とその派生での共通部分ついてまとめています。

🎈 Chromium OS for Raspberry Pi | ふうせん🎈 FU-SEN
🎈 CloudReady Home Edition | ふうせん🎈 FU-SEN


目次


キーボードショートカット

キーボードショートカットで主に使用するものです。
これは Chrome OS(Chromebook)と共通ですが、キーボード印字が異なります。

 (Chromebook では A の左) = =  = ⌘ command

機能 キー
全画面スクリーンショット Ctrl+F5
部分的なスクリーンショット Shift+Ctrl+F5 または Print Screen
Caps Lock Caps Lock 英数 または  +Alt
画面ロック  +L
ログアウト Shift+Ctrl+Q (2 回押す)

日本語入力関連はデフォルトで次の設定になっています。
設定 - 詳細設定 - 言語と入力 内 日本語入力 にある キー設定の選択 で
MS-IME・ATOK・ことえり を選択できます。この選択で操作が変わります。

機能 キー
日本語入力 半角/全角 または Ctrl+Space または 変換
英数入力 半角/全角 または Ctrl+Space または 無変換
全角カタカナ変換 F7 または  +7
半角カタカナ変換 F8 または  +8
全角英数変換 F9 または  +9
半角英数変換 F10 または  +0

他にも様々なショートカットがあります。

 Chromebook のキーボード ショートカット | Chromebook ヘルプ

もちろん Chromium ウインドウでは Google Chrome のショートカットも使用可能です。
(例えば F11 = 全画面表示モード)

 Chrome のキーボード ショートカット | Google Chrome ヘルプ


アプリ・サービス

File System for Dropbox

マイドライブ より ︙ - 新しいサービスを追加 - 新しいサービスをインストール から選択できます。

Dropbox を ファイル に表示します。
Windows・macOS などの Dropbox 公式アプリのようにローカルにダウンロードするのではなく、
サイドバーに項目表示され、そこから Dropbox 内を参照できるようになります。
そのため、ストレージ容量は必要としません。

File System for Windows

マイドライブ より ︙ - 新しいサービスを追加 - 新しいサービスをインストール から選択できます。

Windows 共有ファイル を表示します。Windows 10 でも使用可能です。
こちらも直接参照するようになるため、ストレージ容量を必要となりません。

  • Server Host Name / IP Address: IP アドレス(ホスト名だと接続できない?)
  • User Name: 接続先 Windows のユーザー名
  • Password: 接続先 Windows のパスワード

更に左下  を選び、
「Keep Password」が Yes になっている事を確認し、Close します。

この状態で Keep を選択し、左サイドバーに表示させた後、
Mount で接続します。エラーになる場合は設定を確認して下さい。

Secure Shell App

ssh・SFTP の接続・操作を行います。
SFTP マウント により ファイル に追加され、ファイル操作できます。

ID のところが秘密キーです。 インポート.. でファイルを指定して下さい。

Chrome リモートデスクトップ

 Chrome リモート デスクトップを使って他のパソコンにアクセスする | Google Chrome ヘルプ

CloudReady 上でできない作業がある場合、他の Windows・Mac を操作できます。
Windows Server の VPS も Google Chrome をインストールして使用できます。
Google アカウント+PIN 設定による認証でセキュリティは十分確保されていて、
IP アドレスのネット公開をする必要がない点で作業が少なく安全です。

YouTube Music

 YouTube Music

音楽ファイルがある場合は、アップロードして、ネット経由で再生可能です。
無料で 100000 曲までアップロードできます。

YouTube のサービスなので、検索結果は YouTube の検索も対象です。

Text

 Text | Chrome ウェブストア

Google ドキュメントが使えますが、
ファイル関連の編集を行うなら、テキストエディタがほしくなります。
Text は最小限の機能でありながら十分なテキストエディタです。

なお、Text に限らず文字コードは基本的に UTF-8 の扱いになります。
シフト JIS などの文字コードを扱いたい場合はご注意下さい。