ドメイン

インターネット上でのドメイン(ドメイン名/.com .net .jp など)についてまとめています。


専門用語

ドメインでは専門用語がいくつか存在します。

トップレベルドメイン (TLD)

.com .net .jp などを指します。
example.com example.net example.jp で扱うようになります。

セカンドレベルドメイン

.co.jp .ne.jp などを指します。
example.co.jp example.ne.jp で扱うようになります。

サブドメイン

ドメインの左に付加したところを指します。
www.example.com であれば、 www がサブドメインです。
www.sub.example.com のように、更にサブドメインを付加できます。

レジストリ

ドメインを管理している業者を指します。

レジストラ

レジストリと契約してドメインを提供している業者を指します。

指定事業者

JPNIC・JPRS 特有の豪語で、レジストラに同じです。
.jp ドメインを提供している業者を指します。

リセラー

ドメインを提供している業者を指しますが、
ドメインの種類によってレジストリと契約、レジストラと契約があります。

なお、現在のドメイン登録業者はドメインの種類によって
「自身がレジストリ」「レジストリと契約」「レジストラと契約」
が混在している状態になっているため、このような表記をしなくなってきています。

日本語ドメイン

日本語が含まれるドメインを指します。

日本語.jp
はじめよう.みんな

国際化ドメイン(IDN)

日本語ドメインを含む、英数と - 以外の各国語で構成されるドメインを指します。

絵文字ドメイン

一部の種類では絵文字でも登録が可能です。絵文字ドメインと言われます。
絵文字は日本のシステムから Unicode 化されたため、
英語の国際表記も「emoji domain」です。

ゴンベエ ドメインが絵文字ドメインの検索・登録に対応しています。

絵文字ドメイン検索 | ゴンベエ ドメイン - .fm .tk .to .ws .radio.am .radio.fm

Punycode

国際化ドメイン(日本語ドメインを含む)を英数と - の形式に変換するプロトコルです。
Punycode に変換されたドメインの頭は xn-- ではじまります。
ドメイン 日本語.jp は Punycode 表記で xn--wgv71a119e.jp となります。
ドメイン はじめよう.みんな は Punycode 表記で xn--p8j9a0d9c9a.xn--q9jyb4c となります。

スペシャルドメイン

文字数が短いドメインや特定文字などで設定されていて、
通常価格ではない、特別な価格設定になっています。
新しい種類のドメインではスペシャルドメインが設定されている事が多いです。

無料ドメイン

登録・延長費用無料で使用できるドメインの事。
費用を必要としない分、登録に自由度があるので、悪用されている事も多く、
有償で使用するドメインに比べて、何だかの制限・問題があります。

🎈 EU.org - .eu.org など。厳密には .org のサブドメイン
🎈 Freenom - .tk .ml .ga .cf .gq


ドメインの種類

ドメインが自由化された事により、ドメインの種類は大幅に増えました。
2020年2月現在で……

  • トップレベルドメイン (.com .jp など) - 1500 種類以上
  • セカンドレベルドメイン (.co.jp など) - 1700 種類以上

企業が自身で使用するために登録されているドメインも多いですが、
誰でも登録できるドメインの種類も増えています。

現在は .com .net .jp などで長いドメインを検討するよりも、
新しい種類で短いドメインで理想的な名前が見つかる状況にあります。


Google が管理しているドメイン

現在 Google はドメインも管理しています。(レジストリ業務を行っています。)

Google Registry

よく見て下さい。アドレスは registry.google で、
.google というドメインも Google は管理しています。

2020年2月現在、一般公開されて誰でも登録できるドメインの種類は次です。

  • .app
  • .dev
  • .how
  • .new
  • .page
  • .soy
  • .みんな

更に多くのドメインを管理しています。

  • .android
  • .channel(YouTube チャンネル向け?)
  • .chrome(Google Chrome)
  • .drive(Google ドライブ)
  • .gmail
  • .goog
  • .gle(goo.gle のドメイン名で SNS 使用)
  • .map(Google マップ)
  • .youtube

など……

なお、Google は現在ドメイン登録・管理サービス Google Domains も提供しています。

Google Domains


日本でドメインを持っているレジストリ

2020年3月現在、次の会社が社名やブランド名でドメインを登録し
管理している事を確認しています。

一般登録可能な状態で公開しているレジストリとドメインは次があります。

いずれも新しいドメインなのでまだ見かける事が少ないですが、
明らかに日本でも増加してきています。


Punycode 変換

交互に変換できます。日本語以外も対応しています。入力してリアルタイムに変換されます。


ドメインで使用できる文字

JPドメイン名の種類 - 使用できる文字 | JPRS

gTLD で Punycode が対応している場合、登録できる言語が制限されています。
ccTLD では汎用 .jp ドメイン同様に制限している場合もありますが、
一切制限を設けていないドメインもあります。
この制限のないドメインが絵文字でも登録可能なドメインになります。

英数ドメイン

  • 0~9
  • a~z ※
  • - (ハイフン)
  • (区切りとしての .)

※ ドメインに大文字・小文字の区別はないので A~Z は a~z に共通です。
★ 全角文字は半角文字へ変換します。

日本語ドメイン

英数に加えて、次の文字が使用できます。

  • 全角ひらがな
  • 全角カタカナ ※
  • 漢字
  • 「・」「ヽ」「ヾ」「ゝ」「ゞ」「々」「ー」など ★

※ 半角カタカナは全角カタカナへ変換します。
★ 「。」は「.」へ変換します。したがって「。jp」→「.jp」となります。


ドメインを探す・登録する

TLD LIST は世界の主なドメイン登録サイトから随時最新価格を反映しています。
ドメインの種類の中でも比較的安値で登録が可能で、
種類別のコメント、サイト別のレビューも可能になっています。

海外のドメイン登録サイトではお支払い方法として
ではクレジットカード(デビットも可)や PayPal が主に採用されています。
もちろん多くは英語表示です。

様々なドメインの種類から探す

サイト運営者おすすめは TLD LIST です。
日本語表示も可能ですが、自動翻訳で行われているため、一部表記がおかしいです。
そのためサイト運営者は英語で使っています。

TLD LIST 英語
TLD LIST 日本語

短いドメインをお探しであれば、同じ作者による wee.domains で探してみて下さい。

wee.domains

英語表示などが心配な場合は ゴンベエ ドメイン がサイト運営者おすすめです。
1000 種類以上のドメインを扱っています。
提供している インターリンク は .earth .moe .osaka を管理しています。
(レジストリ業務を行っています)

ゴンベエ ドメイン Gonbei Domain

安値で提供しているサービス

多くのドメインで価格が安めなのは Porkbun です。
登録者が制限されている種類のドメインや
国際化ドメイン(含日本語ドメイン)は非対応です。

Porkbun

サイト運営者はいくつかのドメインを Porkbun 管理にしつつあります。

やっぱり Google が好き

Google が気に入っているのであれば、Google Domains があります。
日本語表示になり、利用しやすくなりました。

Google Domains


WHOIS・RDAP によるドメインの検索・情報表示

長く WHOIS でドメイン情報が公開されていましたが、
WHOIS の後継して RDAP が 2015 年に仕様標準化されています。
したがって現在 2 種類のドメイン検索手段があります。

EU(欧州連合)の一般データ保護規則(GDPR)により、
一部情報は表示されなくない仕様に変更されています。

WHOIS

多くのドメインはポート 43 により WHOIS を開放していますが、
Web 上に制限している場合もあります。
一部のドメインは方針上 WHOIS での表示をネームサーバなどのみにしています。

種類によって対応がまちまちで、報告なく変更されるため、
すべての種類で WHOIS を網羅する事は困難です。

例えば次のところがあります。

RDAP

WHOIS の後継として RDAP(Registration Data Access Protocol)が仕様化され、
現在は RDAP の採用が進められています。


WHOIS プライバシー(名義代行)

WHOIS はドメインに登録されている情報を表示します。
全共通で英語ですが、.jp は日本語と英語です。
中には個人で登録しているため、住所・本名の公開されたり、
記載されたメールアドレスには迷惑メールが届いたりして、嬉しくなかったりします。
そこで業者が登録した事にする名義代行サービスが生まれました。
最近は WHOIS プライバシー という名称で記載されつつあります。

昔はドメイン登録・管理サービスの業者側で提供していましたが、
現在は専門の管理サービスによる WHOIS の情報を表示する場合があります。
ドメインの種類によって認められていないために提供されていない事があります。

法人などの組織で登録する場合、
特に有償の SSL サーバ証明書は WHOIS の情報を確認してメール認証する場合があるため、
無効にして組織の情報が WHOIS に表示されるようにする必要があります。
無料で使用できる SSL サーバ証明書 Let’s Encrypt は別のドメイン認証を使っていて、
WHOIS は一切参照していないため、有効にしておいて問題ありません。

🎈 Let’s Encrypt | ふうせん 🎈 Fu-sen.

ドメインの transfer(移管)も昔は一時的に無効にする必要がありましたが、
最近は有効にしたままでも必要なメールが届き、正常に transfer ができるようになってきています。
これは EU(欧州連合)の一般データ保護規則(GDPR)による影響があります。
(ドメインの種類や業者によって無効にする必要があります)


Q&A

サブドメインのないドメインを英語ではなんと表記しますか?

「apex domain」や「naked domain」と表記されています。